【絶景旅】日本国道最高地点で絶景を撮ってきた【渋峠】【横手山】【志賀高原】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

日本国道最高地点の場所である渋峠は志賀高原と草津温泉を結ぶ国道292号線は群馬県と長野県の県境にある標高2,172mの峠

今回はそんな日本国道最高地点の場所である渋峠周辺を撮影をしてきました。(撮影日:2023/09/19

日本国道最高地点にある渋峠とは

夜明け前の渋峠
Sony a7Ⅳ/FE2470F28GM
(F8 SS15 ISO100)
撮影時刻: 2023/09/19 5:06:33

渋峠の場所

渋峠は、群馬県吾妻郡中之条町と長野県下高井郡山ノ内町の間にある峠です。
群馬県側からは草津温泉、万座温泉、殺生河原などがあり、長野県側は志賀高原、渋・湯田中温泉などが点在していて秋の紅葉シーズンとなると多くの観光スポットとして大変人気があります。
中央左側にある高層湿原が「芳ヶ平湿原」です。

長野県と群馬県の境にある渋峠ホテル

渋峠のアイコン的な存在の渋峠ホテル、もちろん宿泊も可能でパンや食事なども美味しいそうです。

標高が高いため冬期期間中は11月中旬〜4月下旬までは冬季閉鎖となります。

詳しい最新情報などは公式サイト(公式横手山・渋峠)X(旧Twitter)等をチェックされてみてください。

日本国道最高地点碑

日本国道最高地点碑

渋峠にある標高2,172mで日本の国道最高地点にある石碑、駐車場は約10台ほど置けるスペースがあります。

雲海が出そうな夜明け前や紅葉のシーズンになると沢山の車で埋めつくされ多くの三脚が並ぶ場所としても有名です。

私も、今回はこちらで撮影いたしました。

渋峠(国道最高地点2,172m)で撮った作例写真

渋峠の星空

渋峠に到着したのは午前3時ごろ気温は10℃、若干の靄はありましたが夜空には満天の星空が広がっていました。

オリオン座が光り輝いていて季節はすっかり秋の星空になっていました。

偶然に流星も映り込んでいます。ポタ赤(スカイメモS)を使用したため地上部分は若干流れています。

流星とオリオン
Sony a7Ⅳ/FE14F18GM
(F2.8 SS120 ISO800)

LeeプロソフトンNo.3
ポタ赤(スカイメモS)使用
撮影日時: 2023/09/19 3:28:40

夜明け前の渋峠

Sony a7Ⅳ/FE2470F28GM
(F2.8 SS5 ISO1200)
撮影時刻: 2023/09/19 4:49:41

この日は前日に雨が降っていたので雲海も期待していたのですがそこまでの大雲海とはいかなかったです。

とはいえ数分後には視界はホワイトアウト状態になってしまいました。

一時、視界は全く見えなくなり少し視界が開けた状態

Sony a7Ⅳ/FE2470F28GM2
(F8 SS25 ISO100)
撮影時刻: 2023/09/19 4:58:32

夜明けの渋峠

渋峠の夜明け
Sony a7Ⅳ/FE2470F28GM2
(F8 SS1/10 ISO100)
ハーフNDフィルター使用

撮影時刻: 2023/09/19 5:35:43

渋峠での夜明け、日が昇ると一気に霧が開けていき幻想的な朝になりました。

Sony a7RⅢ/FE70200F28GM2
(F9 SS1/2000 ISO100)
撮影時刻: 2023/09/19 5:33:40

こちらは望遠レンズでの撮影、太陽が登ってくるタイミングで撮影してみました。

Sony a7Ⅳ/FE2470F28GM2
(F11 SS1/125 ISO100)
ハーフNDフィルター使用
撮影時刻: 2023/09/19 5:46:09
霧にかかる森林地帯
Sony a7RⅢ/FE70200f28GM2
(F8 SS1/200 ISO400)

「朝靄の中の渋峠の朝」、雲海とまではいきませんでしたが朝靄の霞かかった渋峠の朝もどこか幻想的で清々しい朝となりました。

横手山

渋峠 国道最高地点の石碑があるところが「日の出」の撮影ポイントだとしたら、こちらの「横手山」は「日の入り」の撮影ポイントとなります。

横手山から見下ろした景色

こちらの看板の近くには「横手山ドライブイン」があり食事やお土産など購入することが可能となっています。

最新情報は公式X(旧ツイッター)横手山ドライブイン公式から確認してみてください。

こちらで飲んだりんごジュース、意外と美味しかったので横手山ドライブインに立ち寄ってみたら是非飲んでみてください!(Amazon等でも販売されてるみたいです。)

また近くに、横手山スカイレーターもあり横手山の頂上まで楽に行きことができます。

今回、私は利用しませんでしたが4年前に利用した時は、スカイレーターを上がってからリフトで頂上まで行きました。

横手山スカイレーターからリフトで頂上まで…

頂上から見た景色、この日は残念ながらガスに覆われていて下界はあまり良く見えませんでした。

また、山頂には日本一高いパン屋さん「横手山ヒュッテ」もあるので機会があればぜひ行ってみてください!

志賀高原「木戸池」

志賀高原「木戸池」
Sony a7Ⅳ/FE2470F28GM2
(F11 SS1/6 ISO100)
撮影時刻: 2023/09/19 6:37:48

渋峠から車で20分ほど志賀高原方面に向かうと標高1,640mにある小さな池です。

日がさして朝靄が発生するとかなり幻想的な池になるようです。私が撮影した日は残念ながら靄は発生しませんでしたが日が昇る時間が少し遅いので、渋峠で日の出の撮影をしてからでも充分間に合うのでこちらもおすすめなスポットです。

Sony a7Ⅳ/FE2470F28GM2
(F8 SS1 ISO100)

ハーフNDフィルター使用
撮影時刻: 2023/09/19 6:49:02

日が差して木々に光が当たるとまた違った雰囲気になるのでこちらも是非立ち寄ってみてください。

紅葉のシーズンになるとより人気が出るスポットになるようです。

渋峠・志賀高原付近のおすすめな宿

渋峠・志賀高原は本当に絶景の宝庫と言われるくらい写真を撮る方であれば一度はゆっくりと宿泊しながら撮影するというのも良いかと思います。

プロの写真家が本格的に教える写真教室や渋峠や横手山などにアクセスしやすい宿などもあるので利用すると良いでしょう。

石の湯温泉 石の湯ロッジ

石の湯温泉 石の湯ロッジでは有名写真家が教える写真教室なども含まれる撮影プランなどもあるので本格的に写真を学びたい方にも人気のプランが用意されています。

シャレー志賀

日本写真講師協会認定のフォトインストラクターのオーナーが運営されているシャレー志賀、こちらでも随時写真教室なども開催されています。

また、写真家御用達の「滋賀高原フォトグラファーズセンター」もホテル内に新設されているので写真家同士のコミュニティの場所としても提供されています。

木戸池温泉ホテル

木戸池の近くにあるホテル、渋峠や横手山まで車で15分ほどのアクセス圏内なので写真撮影はもちろん、トレッキングやハイキング、スキーなどする方にとってはとてもおすすめなホテルです。

私も、木戸池の撮影をする際立ち寄ってみましたが宿泊されているお客様も多く賑わっていました。
次回、撮影に行き際にはこちらのホテルを利用してみたくなりました。

渋峠・志賀高原周辺のホテル・旅館

 

今回の撮影機材

カメラボディ

レンズ

フィルター

ポータブル赤道儀

まとめ

今回は、渋峠・志賀高原を撮影した旅となりました。

これから本格的な紅葉シーズンを迎えてますます賑わいを見せるかと思います。

渋峠・志賀高原は風景・星空を撮るにもまさに絶景の宝庫です。

まだ行かれてない方は是非言ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です